【FGO】史実の千子村正ってどんな人だった?

【FGO】史実の千子村正ってどんな人だった?

FGOに登場する千子村正、衛宮士郎の体を借りての姿とゆうことで人気があるサーヴァントですが、史実ではどんな人物だったのでしょうか。
ここではその人物像をまとめてみました。

名前の読み方

千子村正とはFGOでは読み仮名はせんじ むらまさとなりますが、史実ではせんご むらまさ、もしくはせんこ むらまさと読んでいたそうです。

ゲームでも説明されている通り刀鍛冶として活躍した人物で、実は村正とゆう名前は代々受け継がれていった家名(父から子に父系に代々継承される永続性を持った個々の家に付けられた名称 wiki参照)であり、その村正とつけられた刀は日本で一番有名な刀と言われています。

出身

出身は諸説ありますが、一番濃厚な説としてあるのが、初代は濃州関(現在の岐阜県関市)の出身と言われています。

関市は昔、良質な土と水が豊富にあった土地であったため鍛冶職人がたくさん住んでいたらしく、刀工などが盛んだったらしいです。その歴史は鎌倉時代から続いていたとのことで歴史はとても古いものとなります。

現在でも関市は刃物のイベントを催しており、刃物ミュージアムなどの施設もあります。

妖刀村正

村正といえば欠かせない話題が徳川にあだなす刀と言われ嫌われていたとゆうのが有名です。
村正により傷を付けられたことにより被害を受けたとゆうことで妖刀伝説になったのですが、これはデマの可能性が高いとゆうのが濃厚になっています。

徳川家康の家来、三河武士は村正を好んで使用していたようです、村正を持つことは今でゆうトレンドに乗るとゆうことだったと見受けられます。

これは三河だけではなく、全国に広がりをみせおり、流通量は凄まじかったと言われています。
そうなるとほとんどのかたが村正を持っているのが当たり前の状況になってしまうので、事件の証拠として村正があがるのも多くなったと予想されます。

まとめ

村正といえばとなるとRPGでもレア物の武器としてラスト付近のダンジョンにあるのが相場になっていますね、実は刀も村正本人だけが作成したものではなく、お弟子さんや、もしくは贋作なども幕末付近では出回っていたとゆうことなので、数え上げたら村正とゆう名称の刀はたくさんあるのかもしれません。

関連記事はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA