BLEACHのタイトルにはこんな深い意味があった!

BLEACHのタイトルにはこんな深い意味があった!

漫画のBLEACHには深い意味があるって知っていましたか?

ラジオ『ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン』で2008年の年末に、久保先生がゲストにきたときのインタビューで語っていたそうです(なんて豪華なゲストなんだ!)

そのときにリスナーからタイトルの由来を聞かれ

"BLEACHとは知っての通り「漂白」という意味があります。
BLEACHとは「白」を強調する色なのです。
ですが死神であり主人公は「黒」崎一護。
これはただ「黒」というタイトルを入れても安直過ぎるので、あえて対極の「白」を使うことで黒を引き立たせている。そして比喩として選んだのが「BLEACH」とのことです。"

なんて深いお言葉だ。英語では単純に漂白や脱色になってしまうのですが、久保先生が考えるとオシャレになってしまいますね。

他にも「魂の浄化」とゆう意味合もあるらしいです、ここにくると少し宗教的な素晴らしい響きにも思えてきますね。

そうするとBLEACHのキャラクターの名前にも大きく色に関係するものが多くあることに気付いてきます。

精神世界にでてくくる白一護タイトルの意味合いを強調できる存在なのではないでしょうか?

一護がピンチの時には必ず現れるので印象深いかたもおられるのではないでしょうか?実はピンチの時に現れるのは大きな理由があるのですがネタバレになってしまうので別記事で書きたいと思います。

藍染なども黒ではなく藍色なんですよね、ハッキリしない染められた色とゆうのは敵キャラへの暗示ともとれるのではないでしょうか?

2021年に放送予定のBLEACHでは「千年血戦篇」が描かれますが、そこでの構図も死神対滅却師(クインシー)になるのですが、そこでも黒と白に分かれるとゆう絵色が描かれれます。

色を強調する作品とゆうことがよく分かったと思います、アニメと漫画をもう一度見返してみる面白い発見があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA