【BLEACH】黒崎一護の持つ斬魄刀、残月の正体は?実は壮大な伏線があった!

【BLEACH】黒崎一護の持つ斬魄刀、残月の正体は?実は壮大な伏線があった!

黒崎一護が持つ斬魄刀『残月』
実はその正体は以外な人とつながりがあり、巧妙に隠された伏線があります。
今回はネタバレが多くありますので嫌なかたは読まないでください。

残月の正体

ここは簡単にネタバレをしてしまいます。

一護の中にあった滅却師の力がBLEACHのラスボス『ユーハバッハ』の千年前の姿を形どったものです。画像をみていただくと分かるのですが残月とユーハバッハは瓜二つですよね。

そして右の画像はBLEACHの8巻で始めて残月が現れて名乗るシーンです。黒字で伏せられていますが、残月の2文字じゃ短すぎるんですよね、ユーハバッハであれば辻褄があう文字数となります。

8巻はこちらから購入できます↓

何故ユーハバッハと瓜二つなのか?

瓜二つの原因は、まず一護の出生のルーツから辿らないといけません。

黒崎一護は滅却師の血筋です。
どうゆうことかとゆうと、母親が滅却師だからです。
一護の母『黒崎真咲』は純粋な滅却師の血を引いています。

一護の父とやがて結ばれ一護が生まれたので、黒崎一護は滅却師の血と死神の血が流れているとゆうことになります。

ではなぜ残月とユーハバッハが瓜二つかとゆうと滅却師の力を具現化して1000年前のユーハバッハを形度っているもの。

ユーハバッハと姿は似ていても、ただの具現化なので一護に対して悪いことをしようとはしておらず、一護を戦いに巻き込ませないように死神の力を押さえ込んでいたりもしていたので、実は黒崎一護を見守っていたような存在でした。

BLEACHを最初から読み返してみると、残月と白一護との関係性なども色々辻褄の合う部分も初期の頃から伏線ででてきてあったりと今読み返してみても楽しめる作品となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA