【東京リベンジャーズ】4話出演キャラと視聴者の感想

【東京リベンジャーズ】4話出演キャラと視聴者の感想

今回の話しの漫画は2巻から読めます。

前回3話の感想はこちらから↓

出演キャラの紹介する上でネタバレなども含まれます。注意してください。

花垣 武道(過去)

橘日向の部屋で勉強をしたりといい雰囲気に、屋上で花火をみていい感じに手を繋いだら直人だったため現代にタイムリープしてしまった。

橘 日向 (過去)

オープニングから電車で騒いでいる迷惑な学生に注意するなど、正義感が溢れる行動を取っている。

橘 直人(過去)

武道に唐突に手を握られて戸惑っている。

千堂 敦 (過去)

現代の直人の調べで、清水将貴を刺して捕まり、出所後は末端のチンピラとなっている

花垣 武道(現代)

過去に戻っている間は現代の武道の体は仮死状態になっていると判明

過去のマイキーの性格のズレを確かめるために現代で会おうと直人に提案する。

マイキーとの繋がりを探す段階で仙道敦の存在に当たる。

橘 直人(現代)

東京卍會の佐野万次郎が過去ではいい人だったと聞かされ激昂する。

千堂 敦 (現代)

過去では中学時代の武道たちのリーダー格であったが、現代では東京卍會の幹部になっていた。

過去を変えたことにより、清水将貴を刺していないとゆう未来になったため幹部にまで登りつめたと思われる。

今回の回ではキャバクラの経営を任されている。

武道を線路に突き落としたのは自分で稀咲鉄太の兵隊でいいなりだと告白、マイキーが変わったのは龍宮寺堅(ドラケン)が死んでからだと語る。

過去に戻っているようなことをなんとなく分かっているようで、『みんなを助けてくれ』と言葉を残してビルから飛び降りてしまう。

綺咲哲太

武道が東京卍會を巨悪にしたのは綺咲だと推測、龍宮寺堅を殺したのも綺咲かもしれないと武道は睨んでいる。

視聴者の感想

・好きになった子が次々と死んでいくアニメ。

・涙が溢れて止まらん

・じわじわナオト推す熱あがってきてるw

・東京リベンジャーズたった4話ですごい展開だな。

この話しのBlu-rayはこちらから↓

プライムはこちらから↓

5話感想はこちらから↓

https://asobigokoro.work/tokyou5/

コメント一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA