【東京リベンジャーズ】13話出演キャラとネタバレも含みます。

【東京リベンジャーズ】13話出演キャラとネタバレも含みます。

ネタバレなども含まれるためアニメを見ていない方でネタバレが嫌なかたはスキップしてください。

12話感想はこちらから↓

現代

日向の葬式から場面は始まる。

花垣 武道(はながき タケミチ)

日向が亡くなったことにより、東京卍會を潰すこと、まずはトップになることを決意している。

ドラケンに会った際には綺咲から狙われていることを、そして東京から出ることを忠告されるが、ヒナタのために再びタイムリープする。

橘 直人(たちばな ナオト)

ドラケンが死刑囚になっていることを調べ上げ、一緒に面会にいく。

余談だが千堂 敦(せんどう あつし)のことも調べあげており、結婚して子供もいることが分かっている。家族は現在行方不明となっており、家族を脅されていたのだろうと予想している。

橘 日向(たちばな ヒナタ)の母

ヒナタが持っていたネックレスをお気に入りでいつも付けていたと武道に渡す。

龍宮寺 堅(りゅうぐうじ けん)

稀咲の指示で殺人を犯し、死刑囚として東京拘置所に収監されている。

人生に悔いはないが、もう一度人生をやり直すなら綺咲を殺すと恨んでいる。

武道に東京から離れろと忠告。

武道からなぜ命を狙われるのかとゆう問いに、綺咲はマイキーを心酔していて、それゆえに憎悪に変わり、マイキーの周りの大事なものを奪いたいと語る。

稀咲 鉄太(きさき てった)

ヒナタの殺害、ドラケンを死刑囚にしたてるなど、裏で暗躍している。

過去

花垣 武道(はながき タケミチ)

マイキーとドラケンと銭湯に入っている所にタイムリープする。

その後、参番隊の隊長任命式に行くことが分かるところで今回の話しは終了する。

佐野 万次郎(さの まんじろう)

銭湯で行儀が悪いためドラケンとケンカになる。

龍宮寺 堅(りゅうぐうじ けん)

シャンプーが目に入るのが怖いため今でもシャンプーハットを付けていることをマイキーに暴露される。

三ツ谷 隆(みつや たかし)武藤 泰宏(むとう やすひろ)

左から、伍番隊隊長、弐番隊隊長。

河田 ナホヤ(かわた ナホヤ)

肆番隊隊長。

無料期間であれば東京リベンジャーズがタダで動画視聴できる!

こちらのリンクからAmazonプライムの30日無料体験が可能です。

登録方法なども紹介しているので、できれば活用、そして参考にしていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA