【東京リベンジャーズ】12話出演キャラと視聴者の感想

【東京リベンジャーズ】12話出演キャラと視聴者の感想

ネタバレなども含まれるためアニメを見ていない方でネタバレが嫌なかたはスキップしてください。

11話感想はこちらから↓

現代

4回目のタイムリープを終え現代に戻ってきた武道。
千堂 敦(せんどう あつし)が美容室になっていたり、ヒナタが生きていることも分かるといった所から始まる。

花垣 武道(はながき タケミチ)

ヒナタが生きていることが分かり直人と住んでいるマンションに向かう。

途中で逃げ出してしまうが入り口でばったりヒナタと出会う。

こちらの現代ではヒナタが武道から振られているようで、前の現代とは正反対の状況となっている。

今回は目の前でヒナタを助けることができない状況になり、東京卍會のトップになることを決意して終わる。

橘 直人(たちばな ナオト)

二人の仲を取り持とうと気を使っている。

3人でドライブに行くことになるが、仕事が入り、武道とヒナタを2人にして車を預けた。

橘 日向(たちばな ヒナタ)

現代で初めて生きて武道と再開できた。

12年前に武道からもらったネックレスを付けている。

車に一人でいたところ、またもや車に突っ込まれ炎上し、死亡している。

半間 修二(ハンマ シュウジ)

『車乗ってないじゃん』と武道をみてボソっとつぶやき立ち去っていく。

右手に入れ墨があったことにより武道は、「8・3抗争」でマイキーとタイマンをしていた「愛美愛主」総長代理の半間だと気付く。

千堂 敦(せんどう あつし)

今回の現代でもヒナタを殺した犯人がアッくんこと 千堂 敦(せんどう あつし) であった。美容師としての夢を叶えたはずだが、稀咲に脅されていたことを告白。

みんなを助けてくれと前の現代でも言った言葉をつぶやき炎上する車と共に死亡。

視聴者の感想

・シュタゲ観てるときの辛さに近いものを覚えてる。

・12話まで見て12話で見事に泣かされた…どうしてくれる

・12話まで見終わったけど、これはハッピーエンドで終わるのかね?

今回はヒナタが生きていたことにより少しはハッピーエンドの要素が強くなってくるのかと思いきやまたもや綺咲の名前と半間が裏で手を引いていましたね。

無料期間であれば東京リベンジャーズがタダで動画視聴できる!

こちらのリンクからAmazonプライムの30日無料体験が可能です。

登録方法なども紹介しているので、できれば活用、そして参考にしていただけたらと思います。

13話感想はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA