【東京リベンジャーズ】11話出演キャラと視聴者の感想

【東京リベンジャーズ】11話出演キャラと視聴者の感想

ネタバレなども含まれるためアニメを見ていない方でネタバレが嫌なかたはスキップしてください。

10話感想はこちらから↓

過去 8月3日

花垣 武道(はながき タケミチ)

前回から引き続き4回目のタイムリープ中。

ドラケンをなんとか救急車に乗せ、命を助ける。

マイキーから信頼され、「東京卍會」設立当初の特攻服を預かり、日向には祭りの埋め合わせと四葉のクローバーのネックレスをプレゼントし、現代に戻っていく。

調子に乗った武道の服装は黒歴史になるかもしれない。

佐野 万次郎(さの まんじろう)

半間の内部抗争や、キヨマサ一派を使っていたのか?武道がなぜいち早く気づいたのか?など

武道に「お前は一体何者だ?」と疑問を武道に対して投げかける。タイムリープに気づきかけているような描写?しかし今回はドラケンが助かったと、とりあえず終始している。

龍宮寺 堅(りゅうぐうじ けん)

「東京卍會」副総長。

手術の末なんとか一命を取り留めた。武道に自分や東京卍會を助けられたと頭を下げ、マイキーから特攻服の経緯などを話し、武道に託す。

橘 日向(たちばな ヒナタ)

今回終始武道を、裏で心の支えとなり助けていたヒナタ。

武道から四葉のクローバーのネックレスをプレゼントされ嬉しそうにしている。

橘 直人(たちばな ナオト)

姉と武道のイチャイチャ現場を目撃。武道と握手をしタイムリープしていく。

佐野 エマ(さの エマ)

ドラケンを終始心配していた。

三ツ谷 隆(みつや たかし)

弐番隊隊長。

林 良平(はやし りょうへい)

通称ペーやん。

ドラケンを恨んでの今回の犯行だったが、ドラケンがパーちんの親と一緒に面会場所まできていたことを三ツ矢から聞き、その思いに涙する。

武藤 泰宏(むとう やすひろ)河田 ナホヤ(かわた ナホヤ)場地 圭介(ばじ けいすけ)

画像左から紹介

武藤 泰宏(むとう やすひろ)、伍番隊隊長。

河田 ナホヤ(かわた ナホヤ)、肆番隊隊長。

場地 圭介(ばじ けいすけ)、壱番隊隊長。

半間 修二(ハンマ シュウジ)

愛美愛主総長代理、であったがマイキーの前で「芭流覇羅」(バルハラ)初代副総長を名乗る。

マイキーとは今回の8・3抗争では引き分けとなり決着はつかず。

その他

半間をさん付けで読んでいるので 半間 修二の手下?と思われる。名前は不明

現代

花垣 武道(はながき タケミチ)

現代に戻った直後、前回にタイムリープした時に首になったレンタルビデオ屋でのアルバイトを継続している。左手にはキヨマサからのナイフの傷が残っている。

直人の番号が登録されれおらず焦るが、スマホをみると美容院の予約が入っている。

その場所に向かうと 千堂 敦(せんどう あつし) が約束の美容師になっており、未来を変えたことを実感する。

そして直人から連絡がくる。

千堂 敦(せんどう あつし)

通称アッくん。

過去で最初の客は武道との約束を覚えており、カットモデルとして武道を読んでいた。

相変わらず泣き虫だなと笑う。

橘 直人(たちばな ナオト)

全てが変わっていることを報告し、 橘 日向(たちばな ヒナタ) が生きていることを武道に報告する。

視聴者の感想

・東京リベンジャーズの11話まで観てんだけど展開が胸熱すぎんよぉ……。

・マイキーとドラケンの関係いいねー!

・なんか全部解決したっぽいし、もうハッピーエンドだろ

・ドラケンむちゃくちゃカッコいいし、たけみっちも根性出して頑張ったと思います

漫画の購入はこちらから↓Amazonリンクに飛びます↓

無料期間であれば東京リベンジャーズがタダで動画視聴できる!

こちらのリンクからAmazonプライムの30日無料体験が可能です。

登録方法なども紹介しているので、できれば活用、そして参考にしていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA