【東京リベンジャーズ】10話出演キャラと視聴者の感想

【東京リベンジャーズ】10話出演キャラと視聴者の感想

ネタバレなども含まれるためアニメを見ていない方でネタバレが嫌なかたはスキップしてください。

9話感想はこちらから↓

過去 8月3日

花垣 武道(はながき タケミチ)

清水将貴に刺されたドラケンを病院まで連れて行く途中に日向とエマに合流。

その際にドラケンを追っていた 清水 将貴(きよみず まさたか) の一行で出くわす。

トラウマとなっているキヨマサと出会ったことにより、また逃げ出そうとするが自分に気合を入れリベンジを仕掛ける。キヨマサに左手を刺されるが、最後は気合で首を絞め落として勝利する。

佐野 万次郎(さの まんじろう)

半間 修二(ハンマ シュウジ)とタイマン勝負を演じる。

龍宮寺 堅(りゅうぐうじ けん)

武道に運ばれ刺された箇所から血を流しており、息も絶え絶えの状態。

橘 日向(たちばな ヒナタ)

ドラケンを担いでいた武道と合流。

キヨマサとのケンカの行方を最後まで武道を信じていた。

佐野 エマ(さの エマ)

ドラケンを最後まで心配していた。

半間 修二(ハンマ シュウジ)

「愛美愛主」総長代理

マイキーとタイマンのケンカ中。

清水 将貴(きよみず まさたか)

ドラケンを追ってきた。武道とのタイマン勝負で失神させられる。

溝中五人衆

キヨマサを倒した武道だが、キヨマサの他にいた仲間に倒されそうになった所を千堂 敦(せんどう あつし)、山本 タクヤ(やまもと タクヤ)、鈴木 マコト(すずき マコト)、山岸 一司(やまぎし かずし)の溝中五人衆が助けに入る。

視聴者の感想

・東京リベンジャーズ10話熱いな

・なんでタケミチすぐに救急車呼ばないの?凄い観ててイライラしてくる…

・痛すぎて叫んだ………あんなん卑怯にも程があるだろうが………

・人公がひ弱だなぁ〜ってイライラしてたんだけどさ、人生のリベンジだ!ってところから勇気出し始めてきてちょっと感動した

・タケミチが咆えたところカッコよすぎて涙出そうになったわ…

・主人公の花道に苛つきながら10話まで一気見してしまった。

11話感想はこちらから↓

漫画の購入はこちらから↓Amazonリンクに飛びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA