【スーパーロボット大戦30】新規参戦の覇界王ガオガイガー対ベターマンとはどんな作品?

【スーパーロボット大戦30】新規参戦の覇界王ガオガイガー対ベターマンとはどんな作品?

ガオガイガーといえば今ではスパロボでしたら常連の機体となっていますね。自分はゲームに参戦されているときには真っ先にガオガイガーを強化させてしまうくらい好きな作品となっています。

気になるのは今回新規参戦される『覇界王ガオガイガー対ベターマン』とはどんな作品か知らないかたが多いようなので簡単ですが紹介したいと思います。

ストーリーの内容は?

前作の『勇者王ガオガイガーFINAL』から3年後の続編を描く作品となっています。

西暦2010年の話し、FINALでの遊星主との戦いで消滅する空間に取り残されてしまったGGGメンバー、未帰還のままである獅子王凱たちGGG隊員を救出する計画「プロジェクトZ」が進められていた。


計画始動の直前にインビジブル・バーストと呼ばれる現象により、世界は大災害に見舞われ、プロジェクトZは中断。
そして2016年、新生GGG「ガッツィー・グローバル・ガード」の機動部隊隊長となった天海護が、木星を目指すのだが、そこに新たな敵「トリプルゼロ」、それを統べる「覇界王」が出現するとゆうストーリー。

作者と作品が発表されていた媒体は?

原作は竹田 裕一郎(たけだ ゆういちろう)さんが書いた小説。矢立 肇(やたて はじめ)さんが設立した『矢立文庫』で小説企画が実現される。

2016年9月30日に連載がスタートされ、2021年3月17日に完結している。

スパロボ参戦

前述した通り原作完結から日が経っていないが、早期の電撃参戦となっている。

今回『勇者王ガオガイガーFINAL』も参戦されているため、どのようなストーリー展開になるのか楽しみなところでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA