Kickstarterとはどういった仕組み?

最近流行りのKickstarter、ゲームでは百英雄伝が数時間で100万ドルを集めて話題になりました。

ここで気になるのはKickstarterってなんだ?と疑問に思う人もいると思います。

このKickstarterとはどういった仕組みなのでしょうか?

どういった企業?

まずKickstarterとは企業の名前です。

本社はアメリカのニューヨークにあり2009年に設立されています。

どういった事業を展開しているかとゆうと簡単にいってしまえばクラウドファンディングを円滑に行うためにその手段、仲介役をしている企業です。

最近では日本でもクラウドファンディングが当たり前になってきていますが、世界的にはもう10年以上まえから確立されている支援方法の一つです。

考え方としては寄付に近いものがありますが、ここ最近では投資者にサイン入りの本が届いたり、エンドロールに名前がのったり映画などへの出演権などたくさんの報酬があることも今では当たり前になってきています。

Kickstarterはアメリカではとても有名な企業であるため資金集めが用意に行えるとゆうのもメリットにあるようです。

実はこのゲームもKickstarterを使っていた!!

あのSEGAのドリームキャストで発売され未完の大作とまで言われたシェンムーもKickstarterで出資を募りました。

こちらは出資額の到達に見事成功し皆さんもご存知の通りですがPS4にて発売されました。

まとめ

Kickstarterは世界的にも有名な会社ですので資金もすぐに集まるのがメリットにあります。

しかし重要なのは作品の質や作りての今までの実績なども資金が達成するかどうかの鍵に思われます。

実際にはKickstarterでも日夜数多くのクリエイター達が資金を募っているのをサイトにいくと見受けられるのですがなかなか資金繰りが思わしくない企画も多いのが現状です。

今回百英雄伝が資金調達に成功した理由に挙げられるのは幻想水滸伝とゆう実績と、クリエイター達が今まで積み上げてきた作品への情熱や質などの歴史が上積みされた結果だと考えています。

日本も遅れているとは言っても、コロナの影響でクラウドファンディングが多くなるのは確かです、投資する側も本当に投資して満足できるのか見極める目も必要な時はきていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA