【呪術廻戦】冥冥とは何物?どんな術式を使う?

【呪術廻戦】冥冥とは何物?どんな術式を使う?

呪術廻戦の女性キャラは魅力的なキャラが多いですね、今回は冥冥についてかきたいと思います。
アニメで放送されていないネタバレも含みます、注意してください。

冥冥はどんな人物?

冥冥は画像でも分かる通り前髪が特徴的な呪術師です。
ドSな発言が多く、いつも誰かを挑発しています。

階級は1級術師とゆうことで、かなりの強キャラと初期から噂されていました。
呪術廻戦では珍しく、どのグループにも属さないフリーの呪術師です。

五条悟の先輩術師であり、五条、夏油、家入とは学生時代からの知り合いでもありました。
五条の学生時代の過去編では、庵歌姫と共同で任務を遂行している様子も描かれています(8巻参照)

術式なしでもある程度の敵とは戦うことができ、そこまでにいたるまで、かなりの挫折と努力をしたことが伺えます。
現在では準1級ほどの相手を術式なしで手玉にとれるほどの強さです。

仲が良い年の離れた弟の憂憂がおり、任務に同行させることもある。

東京校と京都校の交流戦では所属フリーでの中立の立場として、試合の中継役を担っていたが、京都校から買収され、虎杖の周辺映像を見えにくくしていた。
また五条から1000万円ほどのお金を受け取り、虎杖ら東京校の生徒を東堂とともに一級呪術師に推薦している。

戦闘方法

術式「黒鳥操術」(こくちょうそうじゅつ)

カラスを操ることができ、視覚を共有することができる。
更にその視界は映像化もできます。

戦闘には向いていなく、カラスを操るだけで弱いと自覚する発言も本人がしています。
主に後方支援用の術式と使用しています。

神風(バードストライク)

術式なしで戦えるように鍛えた身体能力や呪力による肉体強化に限界を感じた冥冥が、自らの術式の弱さと向き合うことで編み出した技。

カラスに自死を強制させることで、呪力制限をなくし、敵にカラスが体当たりを繰り出す。
過去にこの技を防げたのは五条悟だけとのこと。

まとめ

・フリーの1級呪術師
・術式「黒鳥操術」(こくちょうそうじゅつ)を扱い、術式なしでも1級クラスを圧倒
・弟の憂憂がいる
・お金を積まれればなんでもしてしまうので、そこがこれからの展開しだいでは不安もある

アニメでのCVは『三石琴乃』さんなので、そこも注目したいところです。
関連記事として三石琴乃さんの代表キャラ20選とゆう記事もあります、良ければ参考にしてください。

よく質問をもらうのですが12巻の表紙が誰か分からないと言われますが、『冥冥』です。

作者の独特なタッチもあるので分かりづらいのもあるかもしれませんが、特に表紙はよく質問を受けます。
ですのでこちらに関連記事を書いています。
更に主要通販サイトからコミックを購入しやすいようにリンクを貼り付けていますのでご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA