【Fire HD】 Amazon純正カバーはお買い得?メリット・デメリットと使い方を紹介!

【Fire HD】 Amazon純正カバーはお買い得?メリット・デメリットと使い方を紹介!

Fire HDを購入した際に使い勝手の良さに驚愕した人は、カバーも欲しかったなぁと考える方が多いと思います。
自分もその一人でして、4台サイズやバージョンが違うFireタブレットを所有していますが、いずれも最初は端末だけ購入して最終的には純正カバーも購入しています。
今回の記事は純正カバーの使い方、メリットとデメリットをまとめてみました。
購入の参考になればと思います。

メリットは?使用方法と合わせて解説

使用方法とメリットは同じ説明になるためここで解説いたします。

1.スタンドになるスリムなデザインのカバー

2.カバーを閉じるとマグネットでしっかり閉じた状態をキープできるので頑丈

3.カバーの開閉だけで自動的にスリープ/スリープ解除。

4.外はプレミアムファブリック素材、内側はマイクロファイバー

5.スピーカーの位置

1の説明のスタンドになるカバー

まずは公式の写真をみていただいたほうが説明が早いです。

Amazon商品画像参照
Amazon商品画像参照

こちらは横向きと縦向きに対応しており、タブレットを手で持ったりすることがないように作られています。テーブルはもちろんのことですが、重みがあるので自分の場合ですが布団のふわふわした場所でも立つことが可能でした。

カバーボタンと開閉時の電源ON/OFF

2と3の説明。

カバーを閉じる際のマグネットがかなり強力です。
こちらは外出する際に持ち運びされる方にはかなり重要な点ですね。
安いカバーだとすぐ壊れますし、物によっては最初からゆるくてカバンの中で開いている場合が多かったのですが、純正カバーはかなり強固な作りになっております。
自分は各サイズの純正カバーを購入していますがマグネット部分が壊れたこともありませんし、子供が使用している物も2年ほど使用して壊れていません。

3の説明ですが、カバーの開閉で自動的にスリープのON/OFFができます。
これがかなり便利!
自分は2と3の部分だけで買ってよかったかもと思える逸品です。

重厚な素材

素材の外側はプレミアムファブリック素材、内側はマイクロファイバー素材になっています。

ファブリック素材とは衣服の布にも使われている素材です。
純正カバーはザラツキがあり人を選ぶかなと思いますが、自分は滑り止めにもなっていて好きです。
繊維的に汚れなどにはかなり注意していますが、コーヒーをこぼした際にはすぐに拭いたら汚れがシミになることはありませんでした。さすがに放置したら跡は残るかと思われますが。

内側はマイクロファイバー素材になっているのでホコリなどを防ぐ役目があると思われます。
この部分はいまいち実感が湧かない部分だったのですが、表面上に付くホコリは確かに少なく感じますが、使用しない際はカバーで防いでくれているのでホコリを感じにくいとゆうのがあります。

スピーカーの位置が絶妙!

映画や音楽を観るのが主流になるFire HDですがスピーカーの位置もこだわっています。

カバーを装着しない際は、本体を横長に持った時にステレオスピーカーが上にくるような作りで、そのまま使うと音が小さいですが、専用カバーを装着すると、音が前面に出てくるように作ってあります。
横持ちで上に抜けていた音が前に来るので、Prime music や Prime videoを使用するかたには必須な構造となっています。

デメリット

もちろん人によってはデメリットもでてきます。

1.重さ

2.スタンドが縦向きだと安定感がない

3.値段

各サイズとも重さは結構ある

重さですが約の計算で

・Fire HD 10、Fire HD 10 Plus用で270g

・Fire HD 8、 Fire HD 8 Plus用で187g

・Fire7 2019年発売 第9世代用で130g

これに各タブレットの重量を合わせると結構な重さになります。
実際2時間の映画をみて検証してみましたがずっとみてると肘から手首にかけてかなりの負担があります。

縦向きのゲームなどには不向き

縦向きの使用感は人の使用方法しだいかと思われます。
ほとんどのかたが横向きで使用するかと思われますが、モンストなどのゲームは縦向きでしないといけないので不向きでした。

値段は他の製品から比べたら高め

価格は時期やセールなどにより推移します。
↓のリンクから確認したほうが確実です。

平均4000円ほどでしょうか。
純正じゃないカバーだと1000円で購入できるので人によっては安くてもいいとゆう意見もあります。

↓の商品などは1000円台での購入も可能です。

しかし自分も最初は安いのも購入してみたのですが、カバーがペラペラしていたり、マグネットが貧弱だったりと結局1ヶ月くらい使用してから純正の購入に踏み切り、今は純正以外は購入することはありmせん。
使用年数などを考えたらかなり純正はコスパがいいと感じています。

あとはタブレットを持っていないかた、もしくはもう一台購入を検討されているとゆうかたはAmazonのセールの時にセット価格で安くなることも多いのでお勧めです!

まとめ

簡単に要点だけのまとめ

メリット
カバーボタンと開閉時の電源ON/OFFが便利!

スタンドになるカバー(こちらはデメリットもある)

重厚な素材

スピーカーの位置は映画音楽鑑賞に適した作り!

デメリット

重さ

値段

値段はデメリットだけど、それを打ち消すだけのメリットが多数存在しています。
ゲームだけで使うとなると安いカバーで充分かもしれませんが、動画や音楽をみるかたにとっては重宝する一品です。

良ければ関連記事も見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA