【Fate/stay night】キャラクター特集:衛宮士郎からセイバーまでの全キャラ紹介

広告

【Fate/stay night】キャラクター特集:衛宮士郎からセイバーまでの全キャラ紹介

「Fate/stay night」は、TYPE-MOONによって開発された日本のビジュアルノベルゲームで、2004年1月30日に初めてWindows向けにリリースされました。
このゲームは、成人向けコンテンツを含むバージョンとして始まりましたが、後にそのコンテンツを削除し、視覚的および物語要素を強化した「Fate/stay night Réalta Nua」として再リリースされました​。

物語の中心となるのは、若い魔術師である衛宮士郎「聖杯戦争」と呼ばれる戦いに巻き込まれる姿です。
この戦争は、7人の魔術師(マスター)がそれぞれの英霊(サーヴァント)を召喚し、全知全能の聖杯を手に入れるために戦います。
士郎は、伝説的な英雄であるセイバーを召喚し、他のマスターたちとの激しい戦いに挑みます。

「Fate/stay night」には3つの主要なストーリーラインがあります。
それぞれ「Fate」、「Unlimited Blade Works」、「Heaven’s Feel」と呼ばれ、それぞれが異なるテーマと結末を持っています。
これらのストーリーラインは、士郎の成長と自己探求を描いており、彼の理想と現実との対立を通じて物語が展開します​。

【Fate/stay night】攻略チャート

このビジュアルノベルは、後にアニメ、マンガ、映画としても多数のメディア展開が行われ、世界中で多くのファンを獲得しました。特にUfotableによるアニメ化作品は、高い評価を受けています。
壮大なストーリーテリングと魅力的なキャラクターが「Fate/stay night」を特別な作品として際立たせています。

次に、今回の記事では「Fate/stay night」の魅力的なキャラクターたちを演じる声優陣について紹介します。
各キャラクターに命を吹き込む声優たちの詳細を以下でご覧ください。

記事に仕様上ネタバレが含まれています。ご注意ください。

主なキャラクターと声優

「Fate/stay night」の物語は、多彩なキャラクターと彼らに命を吹き込む優れた声優たちによって支えられています。このセクションでは、物語の中心となるキャラクターとそれを演じる声優について紹介します。

衛宮士郎

衛宮士郎は、物語の主人公であり、正義感が強く、自身の命を顧みずに他人を守ろうとする青年です。
彼は幼少期に家族を失い、衛宮切嗣に養子として引き取られました。
士郎は、日常生活の中で魔術師としての訓練を受けつつ、ふとしたことがきっかけとなり聖杯戦争に巻き込まれることとなります。

衛宮士郎の声優は杉山紀彰です。杉山は、1999年に声優デビューを果たし、多くのアニメやゲームで活躍している実力派声優です。

杉山紀彰のキャリアを彩る代表作とその影響

杉山紀彰は、1999年に声優デビューを果たし、その実力幅広い役柄で多くのファンを魅了しています。彼は東京都出身で、養成所を経てプロの声優として活動を始めました。デビュー以来、数々の人気アニメやゲームに出演しており、その代表作には『Fate/stay night』の衛宮士郎役があります。この役で彼は初めて主人公を演じました。本作以外の代表作として『NARUTO -ナルト-』のうちはサスケ役、『BLEACH』の石田雨竜役などがあります。

杉山のキャリアの中でも特に注目されるのは、衛宮士郎としての役柄です。彼は、士郎の持つ純粋な正義感深い内面の葛藤を見事に表現し、多くのファンから絶賛されています。また、『Fate』シリーズ全体を通じて、士郎の成長や変化を細かに演じ分ける技術は非常に高く評価されています。

杉山の多才さはアニメだけにとどまらず、ゲームやドラマCDでも発揮されています。例えば、『BLEACH』の石田雨竜役では、クールで知性的なキャラクターを見事に演じ、多くのプレイヤーから愛されています。さらに、彼は多くの異なるジャンルの作品に出演しており、その幅広い役柄は彼の演技の多様性を示しています。

また、杉山は舞台やイベントにも積極的に参加し、ファンとの交流を大切にしています。彼の熱心な姿勢は多くのファンに感動を与え、長年にわたり支持され続けています。さらに、彼は後進の育成にも力を入れており、次世代の声優たちにとっても頼りになる存在です。

杉山紀彰の声優としてのキャリアは、20年以上にわたり続いており、その間に多くの賞を受賞しています。彼の献身的な姿勢と絶え間ない努力は、今後も彼のキャリアを支え続けることでしょう。彼の声優としての未来に期待が寄せられています​。

以下は、代表的なゲームキャラクターの一覧です。

発売年ゲームタイトルキャラクター名備考
2003年NARUTO -ナルト- ナルティメットシリーズうちはサスケ多くのシリーズ作品に出演
2004年Riviera 〜約束の地リヴィエラ〜ヘクター人気のファンタジーRPG
2005年BLEACH シリーズ(ヒート・ザ・ソウル〜等)石田雨竜メインキャラクターの一人として多くの作品に出演
2007年Fate シリーズ衛宮士郎シリーズを通じての主要キャラクター
2009年ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラークァイス人気RPGシリーズの一作
2010年戦国BASARA3大友宗麟歴史アクションゲームシリーズ
2015年ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブンブローノ・ブチャラティ人気漫画のキャラクターを担当
2019年JUMP FORCEうちはサスケジャンプキャラクターが集結するアクションゲーム

セイバー

セイバーは『Fate/stay night』における主要キャラクターで、物語の中で衛宮士郎によって召喚されるサーヴァントです。その高貴で誇り高い性格騎士道精神がファンに深く愛されています。

セイバーはストーリー上でも非常に強力で、トップクラスの戦闘能力を持つサーヴァントです。彼女は、過去の過ちを正したいという強い願望を持ち、聖杯を手に入れて自国の運命を変えようとします。そのため、彼女の行動は一貫して高潔であり、戦闘においても騎士道を重んじる姿勢を崩しません。しかし、この姿勢が原因で、他のキャラクターと衝突することもあります。

『Fate/stay night』には複数のルートが存在し、それぞれでセイバーの役割や運命が異なります。例えば、「Fate」ルートでは、セイバーと士郎は共に最後まで戦いぬきます。また、「Unlimited Blade Works」ルートでは、彼女は一時的にキャスターの支配下に置かれますが、最終的には自由を取り戻し、士郎と共に戦います。「Heaven’s Feel」ルートでは、彼女は聖杯の力で堕落し、セイバー・オルタとして士郎と敵対します。

川澄綾子が演じたゲームキャラクター

川澄綾子は、日本を代表する女性声優の一人で、その多才な演技と幅広い役柄で知られています。
彼女は、セイバー役を通じて世界中のファンに深く愛されています。
川澄綾子は、東京都出身で、1990年代から声優としてのキャリアをスタートさせました。彼女は、多くのアニメやゲーム作品に出演し、その実力と魅力で業界内外から高い評価を受けています。

【川澄綾子の経歴と代表作】
川澄綾子の声優としてのキャリアは、多くの人気作品に支えられています。彼女は、1997年にデビューし、その後すぐに注目を集める存在となりました。
彼女の代表作には、『Fate/stay night』のセイバー役のほか、『To Heart』の神岸あかり役、『藍より青し』の桜庭葵役などがあります。

特に『Fate/stay night』のセイバー役は、彼女のキャリアにおいて重要な位置を占めています。この役を通じて、川澄はセイバーの高貴で誇り高い性格を見事に表現し、多くのファンから絶賛されています。セイバーの台詞や戦闘シーンにおける川澄の演技は、キャラクターの深みと魅力を引き立てています。

ゲームにおける出演キャラクター

以下は、川澄綾子が出演した代表的なゲームキャラクターの一覧です。

発売年ゲームタイトルキャラクター名備考
1999年To Heart神岸あかり初期の代表作
2002年蒼い海のトリスティアナノカ・フランカ続編『蒼い空のネオスフィア』でも同役
2005年テイルズ オブ レジェンディアグリューネ人気RPGシリーズの主要キャラ
2006年ヴァルキリープロファイル2 シルメリアシルメリア・ヴァルキュリアRPGファンから高評価
2007年オーディンスフィアグウェンドリン美しいビジュアルとストーリー
2007年Fate シリーズセイバー(アルトリア・ペンドラゴン)メインキャラクター、シリーズ全体に出演
2008年ルーンファクトリー2ジュリアシミュレーションRPG
2010年DEAD OR ALIVE 4こころ人気格闘ゲームシリーズ
2015年Fate/Grand Orderアルトリア・ペンドラゴン大人気モバイルゲームシリーズ
2017年ゼノブレイド2セオリ任天堂の人気RPGタイトル

川澄綾子は、数々の人気ゲームに出演し、その演技力で多くのファンを魅了してきました。彼女のキャリアの中でも特に注目されるのは、Fateシリーズにおけるセイバー役です。セイバーは『Fate/stay night』だけでなく、『Fate/Zero』や『Fate/Grand Order』など、多くの作品に登場し、川澄の演技がキャラクターの魅力を一層引き立てています。

川澄綾子の声優としての特徴

川澄綾子の演技は、キャラクターの内面を深く掘り下げる表現力が特徴です。彼女は、可憐な少女から力強い戦士まで幅広い役柄を演じ分けることができ、その多才さがファンに愛されています。例えば、テイルズ オブ レジェンディアのグリューネ役では、母性的で落ち着いたキャラクターを見事に表現し、一方でヴァルキリープロファイル2 シルメリアのシルメリア役では、勇敢で強靭な戦士としての一面を見せています。

代表作とその影響

彼女の代表作の一つである『オーディンスフィア』のグウェンドリン役は、美しいビジュアルと深いストーリーラインで知られ、多くのRPGファンから高い評価を受けています。また、Fateシリーズのセイバー役は、川澄の代表作として広く認知されており、彼女の演技がキャラクターの魅力を一層引き立てています。セイバーは、高貴で誇り高い騎士として描かれ、その強い意志と高潔な性格がファンに深く愛されています。

遠坂凛​

遠坂凛は「Fate/stay night」に登場する主要キャラクターの一人であり、名門魔術師家系の次期当主です。
彼女は、優れた魔術の才能を持つエリート魔術師であり、聖杯戦争に参加するためにサーヴァントのアーチャーを召喚します。
凛は学園では文武両道の優等生として人気がありますが、実際には非常に厳格で努力を惜しまない性格を持ち、自分にも他人にも厳しい一面があります。

キャラクターの特徴と能力

遠坂凛は、地水火風空の五大元素を高度に扱える「五大元素使い(アベレージ・ワン)」と呼ばれる魔術師です。特に宝石魔術を得意とし、宝石の中に魔力を蓄えて必要な時に解放することができます。
これにより、彼女は強力な魔弾を放つことができ、一粒の宝石で家一軒を吹き飛ばすほどの威力を持ちます。また、彼女は初等呪術「ガンド撃ち」を使い、相手に病を与えたり、物理的な破壊力を持つ攻撃を行うことができます​​。

植田佳奈が演じたゲームキャラクター

遠坂凛の声を担当するのは植田佳奈です。植田佳奈は、その明るく快活な声で多くのキャラクターを演じてきました。彼女の演じる凛は、その自信に満ちた態度と内に秘めた優しさが絶妙に表現されています。

植田佳奈は多くのゲームに出演しており、その多才な演技で多くのファンを魅了しています。以下に彼女が演じた代表的なキャラクターを紹介します。

遠坂凛

遠坂凛は「Fate/stay night」に登場する主要キャラクターの一人であり、名門魔術師家系の次期当主です。彼女は、優れた魔術の才能を持つエリート魔術師であり、聖杯戦争に参加するためにサーヴァントのアーチャーを召喚します。凛は学園では文武両道の優等生として人気がありますが、実際には非常に厳格で努力を惜しまない性格を持ち、自分にも他人にも厳しい一面があります。

キャラクターの特徴と能力

遠坂凛は、地水火風空の五大元素を高度に扱える「五大元素使い(アベレージ・ワン)」と呼ばれる魔術師です。特に宝石魔術を得意とし、宝石の中に魔力を蓄えて必要な時に解放することができます。これにより、彼女は強力な魔弾を放つことができ、一粒の宝石で家一軒を吹き飛ばすほどの威力を持ちます。また、彼女は初等呪術「ガンド撃ち」を使い、相手に病を与えたり、物理的な破壊力を持つ攻撃を行うことができます​​。

植田佳奈が演じたゲームキャラクター

植田佳奈は多くのゲームに出演しており、その多才な演技で多くのファンを魅了しています。以下に彼女が演じた代表的なゲーム作品を紹介します。

発売年ゲームタイトルキャラクター名備考
2006年Fate/stay night遠坂凛代表作の一つで、彼女のキャリアを象徴する役柄
2009年テイルズ オブ グレイセスパスカルシリーズでも人気の高いキャラクター
2010年魔法少女リリカルなのはA’s PORTABLE八神はやて人気アニメのゲーム版で主要キャラクターを担当
2011年超次元ゲイム ネプテューヌアイエフシリーズを通じてファンに愛されるキャラクター
2012年ファンタシースターオンライン2フィリア長寿オンラインゲーム
2013年グランブルーファンタジーユエル人気スマホRPG
2015年アンジュ・ヴィエルジュルルーナ美少女カードバトルゲーム
2016年Fate/Grand Orderイシュタル / エレシュキガル大人気スマホゲームでの複数キャラクターを担当
2018年ドラゴンクエストライバルズ妖精ベラ人気カードバトルゲームのキャラクター

アーチャー

アーチャーは「Fate/stay night」の第五次聖杯戦争で召喚されたアーチャークラスのサーヴァントです。
アーチャーは、遠坂凛が使用した宝石ペンダントが召喚の触媒となり、彼が呼び出されました。

ストーリー上で一番主人公との関わりが深いと言われるキャラクターで、これにより、彼の過去と運命に対する複雑な感情や葛藤が描かれることにより、物語に深いテーマをもたらしています。
アーチャーの能力である「無限の剣製(Unlimited Blade Works)」も彼の特徴的な要素で、彼の戦闘スタイルを際立たせています。

アーチャーのキャラクターは、彼の冷静でありながらも内に秘めた情熱や正義感がファンに人気です。この背景とキャラクター設定は、彼がシリーズ全体で重要な役割を果たす理由となっています。

諏訪部順一が演じたキャラクター

諏訪部順一の代表作には、『テニスの王子様』の跡部景吾役、『Fate/stay night』のアーチャー役、『黒子のバスケ』の青峰大輝役、『呪術廻戦』の両面宿儺役などがあります。
これらの役柄は彼のキャリアを象徴するものであり、特にその低くセクシーな声質が多くのキャラクターに命を吹き込んでいます​。

【主な受賞歴】
諏訪部はその演技力が評価され、いくつかの賞を受賞しています。2013年には第7回声優アワードで助演男優賞を受賞し、2018年には第12回声優アワードで再び助演男優賞を受賞しました。
さらに、2019年には第13回声優アワードでパーソナリティ賞を受賞し、2023年には第17回声優アワードで富山敬賞を受賞するなど、その功績が広く認められています​ 。

諏訪部順一は、キャラクターの内面や背景を深く理解し、その感情や性格を的確に表現することで知られています。『Fate/stay night』のアーチャーは、冷静で皮肉屋ながらも深い情熱と正義感を持つ複雑なキャラクターを、諏訪部の演技は、見事に表現し、多くのファンから高い評価を受けています​。

諏訪部順一が演じた代表的なゲームキャラクター

諏訪部順一は、その豊かな演技力と特徴的な声で多くの人気キャラクターをゲームの中でも演じてきました。

発売年ゲームタイトルキャラクター名備考
2003年テニスの王子様シリーズ跡部景吾諏訪部の代表作で、跡部の魅力を見事に表現
2007年Fate/stay nightシリーズアーチャー(エミヤ)シリーズを通じて人気のキャラクター
2008年CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-ツォン人気RPGシリーズの重要キャラクター
2012年黒子のバスケシリーズ青峰大輝強烈な個性と演技力で人気のキャラクター
2015年グランブルーファンタジーシエテ大人気スマホRPGでの主要キャラクター
2015年Fate/Grand Orderジークフリート、エミヤ多くのキャラクターを担当し、ファンに愛される
2016年僕のヒーローアカデミアシリーズ相澤消太(イレイザーヘッド)教師としての厳格さと優しさを表現
2017年刀剣乱舞千子村正人気ブラウザゲームでの主要キャラクター
2020年ファイナルファンタジーVII リメイクツォンリメイク版でも引き続き重要な役割を担う
2023年呪術廻戦 ファントムパレード両面宿儺強烈な悪役キャラクターを見事に演じる

間桐桜

間桐桜(まとう さくら)は、「Fate/stay night」の主要キャラクターの一人であり、物語のヒロインの一人として登場し、Heaven’s Feelのメインヒロインとして活躍します。
彼女はもともと遠坂家の次女として生まれましたが、魔術師の家系である間桐家に養子として引き取られました。これにより、彼女は間桐慎二の義妹となります​​。

【キャラクターの特徴と背景】


桜は幼少期から間桐家で厳しい魔術の訓練を受けて育ち、その過程で多くの苦難を経験しました。彼女は「架空元素・虚数」という極めて稀な属性を持ち、これが彼女の魔術師としての能力の基盤となっています。
桜の魔術の才能は非常に高く、本来ならば遠坂凛と同等の魔力量を持つはずですが、間桐家の苛烈な調教によりその力を完全には発揮できない状態にあります​。

【ストーリーでの役割】
「Fate/stay night」の物語では、桜は「Heaven’s Feel」ルートで中心的な役割を果たします。
このルートでは、彼女の内に秘めた感情や過去の苦しみがクローズアップされ、物語全体に深い影響を与えます。彼女の内なる葛藤や士郎への想いが物語の進行に重要なテーマとなり、聖杯戦争の行方を左右する要素となります。

【魔術と能力】
桜は「虚数属性」を活かした魔術を使用し、その力は「影」として具現化します。彼女の魔術は非常に強力であり、特に「Heaven’s Feel」ルートではその力が最大限に発揮されます。桜の影は物理的な攻撃だけでなく、精神的な影響も及ぼすため、彼女自身や周囲のキャラクターに大きな影響を与えます​。

下屋則子が演じた代表的なキャラクター


「下屋則子」さんは、多くのテレビアニメで声優として活躍している実力派声優です。彼女の代表的な出演作や演じたキャラクターを強調して紹介します。

初期の作品(2001年〜2002年)

下屋則子さんのキャリアは2001年に「カスミン」のフランシーヌ役や、「だぁ!だぁ!だぁ!」の子供役からスタートしました。2002年には、「NARUTO -ナルト-」でモエギ役を演じ、この役は2015年まで続きました。
また、「わがまま☆フェアリー ミルモでポン!」ではハンゾー梅園桃少女役として出演し、4シリーズにわたってその声を聞くことができました。

中期の作品(2003年〜2010年)

2003年からは、「D.C. 〜ダ・カーポ〜」の絵美日野まどか役や、「ロックマンエグゼ」シリーズのメイドさん役。
さらに、「BLEACH」では紬屋雨役を務め、「マリア様がみてる」では役を担当しました。

後期の作品(2011年〜現在)

2011年以降は、「IS 〈インフィニット・ストラトス〉」の山田真耶役や、「カードファイト!!ヴァンガード」の右野レイジ役など、多数の人気シリーズに出演しています。「Fate」シリーズでは、間桐桜役として知られ、特に「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」や「Fate/Zero」での演技が高く評価されています。

近年の活動(2020年〜)

最近では、「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」で風祭モエギ役を再び演じています。

下屋則子さんの声優としての多才さは、彼女が演じるキャラクターの幅広さからも明らかです。彼女の声は、アクションコメディファンタジーなど、さまざまなジャンルのアニメで愛されています。

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(以下、イリヤ)は、人気ゲームおよびアニメシリーズ『Fate』に登場する主要キャラクターの一人ですが、他のタイプムーンの関連作品にも多数でる人気キャラクターです。
彼女は「聖杯戦争」と呼ばれる魔術師同士の戦いに参加する重要な人物であり、その複雑な背景と魅力的なキャラクター設定でファンに愛されています

イリヤは、アインツベルン家の末裔として生まれた天才魔術師です。
彼女のフルネームはイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(Illyasviel von Einzbern)であり、その名からもわかるように、ドイツ系の名門魔術師家系に属しています。
イリヤは、外見こそ幼い少女のようですが、実際には通常の人間よりもはるかに長寿であり、その知識と経験も非常に豊富です。

【聖杯戦争における役割】
『Fate/stay night』や『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』などの作品において、イリヤは第五次聖杯戦争のマスターとして登場します。彼女のサーヴァントは「バーサーカー」であり、その正体はギリシャ神話の英雄ヘラクレスです。バーサーカーは驚異的な力と耐久力を持ち、イリヤを強力にサポートします。

【イリヤの魅力と人気の理由】
イリヤの魅力は、その多面的なキャラクター性にあります。一見すると可愛らしい少女のように見える彼女ですが、その内面には強い意志と覚悟が秘められています。また、彼女のバックストーリーには深い悲しみと孤独があり、ファンはそのドラマティックな人生に感情移入することが多いです。さらに、彼女の魔術師としての才能と戦闘における冷徹さも、キャラクターに深みを与えています。

門脇舞以が演じた代表的なキャラクター

門脇舞以さんは、多彩なキャラクターを見事に演じ分けることができる声優であり、その演技力は多くのファンに支持されています。
彼女の演じるキャラクターたちは、いずれも個性豊かで、物語を一層引き立てる存在となっています。

タイトルキャラクター名備考
原神ヨォーヨ2023年1月に登場した草元素のキャラクター。回復役として活躍
こどものじかん宇佐美々内向的で引っ込み思案な性格のキャラクター。
NieR:Automataエミール悲しき過去を持つキャラクターで、門脇さんの演技が感情の深さを引き立てます。
Fate/Grand Orderシトナイ見た目は幼いが精神的には大人なキャラクター
グランブルーファンタジーマキラ知的なハーヴィンのキャラクターで、幼い見た目と知性のバランスが魅力です
一騎当千諸葛亮孔明小柄で知的なキャラクターで、冷静な演技がぴったりです​ 。
アマガミSS上崎裡沙ヤンデレキャラクター​。
ドラゴンクエストX オンラインプクラス可愛らしいキャラクターで、門脇さんの高音ボイスが特徴です​ 。
幻影ヲ駆ケル太陽太陽あかり主人公の一人で、魔法少女としての戦いを描きます​ ​。
アマガミSS田中恵子繊細でリアルな女子高生キャラクター。門脇さんの演技がリアルなJK感を引き出しています​ ​。

キャスター

『Fate/stay night』に登場するキャスター(Caster)は、第五次聖杯戦争で葛木宗一郎のサーヴァントとして登場します。
彼女の真名はギリシャ神話に登場する魔女メディアです。メディアは、コルキス国の王女であり、魔女キルケーに魔術を学んだとされています。

【キャスターの特徴と能力】 キャスター冷酷かつ残忍な性格で、目的達成のためには手段を選びません。しかし、その性格は裏切り悲劇に満ちた過去の影響によるものであり、根本的には誠実で純真な一面を持っています。

彼女の魔術の腕前は非常に高く、神代の大魔術を自在に操ることができます。攻撃手段としては魔力を固めた光弾光線骨でできた竜牙兵の召喚など、多彩な魔術を駆使します。

田中敦子

『Fate/stay night』のキャスター(Caster)を演じる田中敦子さんは、その卓越した演技力でキャラクターに深みを与えています。田中敦子さんは多くのアニメやゲームで声優として活躍しており、特に『攻殻機動隊』の草薙素子役で知られています。

田中敦子さんがキャスターを演じたことで、『Fate/stay night』の物語におけるキャスターの冷酷さと同時に内に秘めた誠実さが見事に表現されています。彼女の声はキャスターの複雑な感情を伝えるのに最適で、視聴者に強い印象を与えています​。

田中敦子さんは他にも『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』や『うたわれるもの』など、数々の人気作品に出演しており、彼女の多彩な演技が高く評価されています。彼女のキャリアは長く、幅広いジャンルの作品で活躍してきたことから、多くのファンに愛されています​

ゲームで演じたキャラクターを一部抜粋。

年度タイトルキャラクター名備考
1997EVE burst errorアクア・ロイドミステリアスな探偵役
1998トゥームレイダー2ララ・クロフト人気アクションゲームのヒロイン
2004攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXシリーズ草薙素子未来のサイバー捜査官
2007Fate/stay night [Réalta Nua]キャスターギリシャ神話の魔女メディア
2008戦場のヴァルキュリアエレノア・バーロット戦略RPGの指揮官
2009NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットシリーズ小南強力な女忍者
2010ニーア・レプリカントカイネ複雑な過去を持つ戦士
2015ウィッチャー3 ワイルドハントイェネファー魔法使いであり主人公の恋人
2018デトロイト ビカム ヒューマンウォーレン大統領未来のアメリカ大統領
2019デビル メイ クライ 5トリッシュ魅力的な悪魔ハンター

ランサー

「Fate/stay night」のランサー、クー・フーリンは、アイルランド神話の英雄として知られるキャラクターで、第五次聖杯戦争に参加するサーヴァントの一人です。彼は赤い槍「ゲイ・ボルグ」を用いた戦闘スタイルで有名で、一撃で相手の心臓を貫く能力を持っています。ランサーは冷静でありながらも戦闘に対して非常に情熱的で、戦いの中で相手を圧倒する姿が描かれています。

ランサーの特徴

  • クラス: ランサー
  • 本名: クー・フーリン
  • 武器: ゲイ・ボルグ(魔槍)
  • 性格: 戦闘においては冷静かつ熱血
  • 好み: 強い意志を持つ女性、不合理な約束

神奈延年

神奈延年さんは、林延年という本名で知られていましたが、1995年に「神奈延年」という芸名に変更しました。彼は「Fate/stay night」のランサー(クー・フーリン)役や、「NARUTO -ナルト-」の薬師カブト役など、多くの人気キャラクターを担当しています。
また、「ベルセルク」のガッツ役も彼の代表的なキャラクターの一つです。

「ベルセルク」のガッツは、黒い剣士として知られる主人公で、壮絶な過去と強大な敵に立ち向かう姿が描かれています。神奈延年さんの深みのある声が、ガッツの重厚で複雑なキャラクターに命を吹き込んでいます。

下記は主要なキャラクターで登場したゲームの発売タイトルです。

年度タイトルキャラクター名
1992年サーク I・IIリューン・グリード
1996年スターグラディエイターハヤト
1998年ソニックアドベンチャーナックルズ・ザ・エキドゥナ
1999年ベルセルク 〜千年帝国の鷹篇 喪失花の章〜ガッツ
2001年リリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士3〜ヴェルナー・グレンテンタール
2002年シャーマンキング李白竜
2003年キャッスルヴァニアレオン・ベルモンド
2004年NARUTO -ナルト-シリーズ薬師カブト
2004年Fate/stay nightランサー(クー・フーリン)
2005年真・三國無双シリーズ曹丕

ライダー


「Fate/stay night」中でも、ライダー(Rider)は非常に人気のあるサーヴァントの一人です。
ライダーは、聖杯戦争に参加するサーヴァントの一人で、マスターに従って戦う英霊です。彼女の真名はメドゥーサであり、ギリシア神話に登場するゴルゴーン三姉妹の一人です。

美しい容姿と強力な能力を持ち、ライダーは長い紫の髪と、目を覆う黒いバイザーが特徴的です。彼女の目は見る者を石に変える力を持つため、普段はバイザーで隠されています。
冷静沈着でクールな性格ですが、マスターに対しては忠実であり、深い信頼関係を築くことが多いです。

ライダーの魅力は、そのミステリアスな雰囲気と圧倒的な戦闘力だけでなく、彼女の内面にもあります。冷静でありながらも、深い愛情と忠誠心を持つライダーは、多くのファンから愛されています。特に彼女の過去や運命に対する葛藤は、物語に深みを与えています。

浅川悠

浅川悠(あさかわ ゆう)さんは、東京都出身の声優です。彼女はその多彩な声色と演技力で多くのファンを魅了しています。1997年にデビューし、その後、多くの人気作品で主要キャラクターを演じています。

浅川悠の声優としての特徴は、そのクールで大人びた声質で、特に強気な女性や少年役に定評があります。

さらに、浅川悠はVocaloid「巡音ルカ」のサンプリング音声を提供しており、このキャラクターは日本だけでなく海外でも高い人気を誇っており、多くの楽曲で彼女の声が使用されています。

アニメだけではなく、ゲームの分野でも活躍しており、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」や「グランブルーファンタジー」、「ファイナルファンタジーXIII-2」などの人気ゲームで主要キャラクターの声を担当しています​ ​。特に「Fate/Grand Order」では、メデューサ(ライダー)役としてファンに親しまれています。

浅川悠さんの魅力は、その幅広い演技力にあります。彼女はクールな役からコミカルな役まで、様々なキャラクターを演じ分けることができます。その声の表現力は、彼女の大きな武器です。

主な出演作品

年度タイトルキャラクター名
2002Ever17 -the out of infinity-小町つぐみ
2003スターオーシャン Till the End of Timeネル・ゼルファー
2006グローランサーVシェリス
2006ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVIIシャルア・ルーイ
2007Fateシリーズライダー
2009アマガミ塚原響
2009ファイナルファンタジーXIIIレブロ
2011閃乱カグラ -少女達の真影-大道寺先輩
2017ファイアーエムブレム ヒーローズワユ、ヨファ

言峰綺礼

言峰綺礼(ことみね きれい)は、聖堂教会の神父であり、代行者としての顔も持つ彼は、『Fate/Zero』および『Fate/stay night』の主要な登場人物として描かれています。
特に、聖杯戦争の監督役として、複数のルートで暗躍する姿が印象的です。

言峰綺礼は第四次聖杯戦争ではアサシンのマスターとして登場し、英雄王ギルガメッシュと運命的な出会いを果たします。アサシンが敗北した後、ギルガメッシュと契約を結び、師である遠坂時臣を裏切る形で再び聖杯戦争に身を投じます。

第五次聖杯戦争では、監督役として表向きの役割を果たしながら、裏でランサーのマスターとしても参戦。ギルガメッシュとともに、自身の「愉悦」を追求するために行動します。特に、ランサーを裏切り、自害させるシーンは彼の冷酷さを象徴しています。

【性格と哲学】
言峰綺礼は生まれつき善よりも悪を好む性格破綻者として描かれています。普通の人間が感じる美しさや喜びを感じることができず、他人の痛みや嘆きを無意識に求める彼は、高い倫理観を持ちながらも、自己の歪みと破綻に苦しんでいます。これが彼の独特なキャラクター性を形成しています。

言峰綺礼は、『Fate』シリーズにおける象徴的なキャラクターであり、その独特な性格と哲学が多くのファンを魅了しています。彼の登場するシーンは物語のクライマックスを盛り上げる重要な役割を果たし、シリーズ全体に大きな影響を与えています。彼の冷酷さと独特な魅力が、『Fate』シリーズをより深く楽しむための重要な要素となっています。

このように、言峰綺礼は『Fate/Zero』および『Fate/stay night』の物語の中で重要な役割を果たし、その行動や選択が物語の進行に大きく影響しています。彼のキャラクターを深く理解することで、シリーズ全体の魅力をより一層感じることができるでしょう。

中田譲治

中田譲治さんは、日本の声優界において一際輝く存在です。彼の深みのある声と独特の演技力は、多くのアニメやゲーム、さらにはナレーションでも大きな影響を与えています。

彼の声優としてのキャリアは1980年代に始まり、その後多くの人気作品に出演することで知名度を上げました。彼の特徴的な低音の声は、多くのキャラクターに威厳と深みを与え、その演技は観客を魅了します。

代表的なキャラクター

言峰綺礼 (Fateシリーズ)
Fateシリーズの言峰綺礼は、中田譲治の代表作の一つです。彼の演じる言峰は、冷酷で計算高いキャラクターであり、その声と演技は多くのファンに強い印象を与えました。特に「Fate/Zero」や「Fate/stay night」における彼の演技は高く評価されています。

ヘルシングのアーカード
「ヘルシング」におけるアーカードもまた、中田譲治の代表的な役柄です。アーカードは、吸血鬼ハンターとしての冷酷さと、内に秘めた狂気を見事に表現しており、その演技はファンの間で非常に高く評価されています。

【ゲームでのの出演キャラクター】

年度タイトルキャラクター名
1994年鉄拳三島一八
2007年Fate/stay night [Realta Nua]言峰綺礼
2005年キングダム ハーツIIルクソード
2007年GUILTY GEAR 2 OVERTUREソル=バッドガイ
2014年バイオハザード HDリマスターアルバート・ウェスカー
2002年MELTY BLOODネロ・カオス
2004年ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤルギロロ伍長
1998年ソニックアドベンチャーガンマ
2021年ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレードヴァイス
2013年英雄伝説 閃の軌跡ギリアス・オズボーン宰相

ギルガメッシュ

ギルガメッシュは、古代メソポタミアの叙事詩「ギルガメッシュ叙事詩」に登場する実在の伝説的な王であり、「Fate」シリーズでは、さまざまな形で描かれています。
彼は、英霊として召喚されるアーチャークラスのサーヴァントであり、その圧倒的な力とカリスマ性で多くのファンを魅了しています。

ギルガメッシュの登場作品

  1. Fate/stay night ギルガメッシュは、最初に「Fate/stay night」に登場します。ここでの彼は、アーチャークラスのサーヴァントとして召喚され、物語の主要な敵役の一人として描かれます。彼の自己中心的で高慢な性格は、多くのプレイヤーに強烈な印象を残しました。
  2. Fate/Zero 「Fate/Zero」では、ギルガメッシュの過去や人間関係がさらに深く掘り下げられます。特に、ウェイバー・ベルベットとの対立や、征服王イスカンダルとの関係が描かれ、彼の多面的なキャラクターが明らかになります。
  3. Fate/strange fake 「Fate/strange fake」では、新たな聖杯戦争の舞台に立ち、再びその力を見せつけます。ここでの彼の退場と復活が、物語にどのような影響を与えるかが注目されています。
  4. Fate/Grand Order 「Fate/Grand Order」では、ギルガメッシュはキャスタークラスのサーヴァントとしても登場します。バビロニア編では、彼の統治するウルクの姿が描かれ、プレイヤーは彼の治世を体験することができます。

関智一

ギルガメッシュの声を担当するのは、声優の関智一さんです。関さんの力強くも威厳ある声は、ギルガメッシュのキャラクターを完璧に表現しています。彼の演技は、ギルガメッシュの高慢でありながらも深い知識と経験を持つ王としての一面を強調しています。

関智一さんは、その多様な役柄と卓越した演技力で、多くのファンを魅了してきました。

関 智一の代表的なキャラクター

関 智一は数多くの人気キャラクターを演じてきました。以下に、その一部を紹介します。

【スネ夫(ドラえもん)】
誰もが知る「ドラえもん」のキャラクター、骨川スネ夫の声を担当。関 智一のユーモラスで少し意地悪な演技は、多くの子供たちに愛されています。

【風柱・不死川実弥(鬼滅の刃)】
人気アニメ「鬼滅の刃」で、嘴平伊之助という野性味あふれるキャラクターを演じました。この役では、彼の力強い声と迫力ある演技が光ります。

【エンリコ・プッチ(ジョジョの奇妙な冒険)】
エンリコ・プッチは、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第6部「ストーンオーシャン」に登場する主要な敵キャラクターです。彼のスタンド「ホワイトスネイク」は、他人の記憶やスタンド能力をディスクとして取り出す能力を持ち、物語の進行において重要な役割を果たします。

【ロブ・ルッチ(ワンピース)】
ロブ・ルッチ尾田栄一郎の人気漫画『ワンピース』に登場するキャラクターで、冷酷な暗殺者として知られています。冷徹で無情な一方で、その背景には複雑な過去や動機が存在し、関智一の演技によってその奥深さがより一層引き立てられています。彼の演技が、キャラクターに対する視聴者の共感や理解を深める重要な要素となっています。

まとめ

上記で紹介しきれなかったキャラクター以外にも、Fateはゲームだけではなくアニメだけでも出演など数多くのキャラクターがいます。

下記は一部キャラクターを抜粋。

キャラクター名声優名
アサシン(Assassin)三木眞一郎
真アサシン(しんアサシン)稲田徹
間桐慎二(まとう しんじ)神谷浩史(幼少期 – 小市眞琴)
葛木宗一郎(くずき そういちろう)中田和宏 / てらそままさき(テレビアニメ版第2作)
衛宮切嗣(えみや きりつぐ)小山力也
遠坂時臣(とおさか ときおみ)辻谷耕史(テレビアニメ第1作)
間桐臓硯(まとう ぞうけん)津嘉山正種(青年期 – 立花慎之介)
アトラム・ガリアスタ福島潤
藤村大河(ふじむら たいが)伊藤美紀
美綴綾子(みつづり あやこ)水沢史絵
柳洞一成(りゅうどう いっせい)真殿光昭
氷室鐘(ひむろ かね)中川里江
蒔寺楓(まきでら かえで)結下みちる
三枝由紀香(さえぐさ ゆきか)中尾衣里
後藤劾以(ごとう がい)葛城政典(テレビアニメ第1作) / 市来光弘(テレビアニメ第2作)
蛍塚音子(ほたるづか おとこ)野田順子
エミリーゼリット(Leysritt)宮川美保
セラ(Sella)七緒はるひ
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト(Luviagelita Edelfelt)田村ゆかり(Réalta Nua) / 伊藤静(テレビアニメ第2作)
ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン(Justeaze Lizrich von Einzbern)大原さやか(劇場版『Heaven’s Feel』)
キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ(Kischur Zelretch Schweinorg)沢木郁也(劇場版『Heaven’s Feel』)
遠坂永人(とおさか ながと)上田燿司(劇場版『Heaven’s Feel』)
クラウディア茅野愛衣(劇場版『Heaven’s Feel』)
ロード・エルメロイII世浪川大輔
マーリン(Merlin)小林勝也(テレビアニメ第1作) / 櫻井孝宏(Garden of Avalon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA