DHLと日本郵便との料金の比較

DHLと日本郵便との料金の比較

日本郵便が海外発送の遅延、発送禁止を発表してから1ヵ月が経とうとしています。

最近日本郵便が使えないとなると他での発送方法を探す企業も増えてきました。
特に最近注目を浴びているのがDHLです。

DHLってどんな会社?

DHL(ディーエイチエル)は、航空機を主体とした国際宅配便、運輸、ロジスティクスサービスを扱うドイツの国際輸送物流会社。本社はドイツ連邦のボン。事業展開国・地域数は228。

ドイツ国内および国外の宅配運送、ロジスティクスサービス等を複数社体制で提供する世界最大の国際輸送物流会社で、現在はドイツポストの傘下となっている。

ドイツポストがドイツ国内郵便事業を担当し、DHLが国際宅配・輸送・ロジスティクス事業を担当する。

日本では、DHLジャパン株式会社、DHLグローバルフォワーディングジャパン株式会社、DHLサプライチェーン株式会社の3社がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/DHL

日本の契約などはDHLジャパン株式会社が請け負っているようですね。

契約方法はメールか直接DHLジャパンに電話をするようですね。

DHLのリンクを載せておきますね。

気になる料金は?

料金はとゆうと残念ながら個人で使うとなると莫大な料金を請求されます。
しかしDHLの魅力は法人契約をすると大幅に料金が値下げするとゆうことです。

法人と書きましたが個人事業主も含まれるとのことです。
個人によって契約が違うので皆が同じ料金とゆうわけではありませんがかなり安くなるとゆうことだけは書かせていただきます。

人によっては7割から8割は下がると言われていますが機密事項もあるので詳しく答えてくれる人はいないでしょう。

DHLの他のメリットは?

DHLのメリットの大きなところはとにかく配送スピードが段違いです。
2日か3日で着いてしまいます。
さすがに料金が高いだけはあるとゆうことですね。

そして遅延がなく紛失も少ないとゆうのもDHLが選ばれる理由に挙げられます。

再配達も2回までしてくれるのでもしも受け取り逃しがあっても連絡すれば来てもらえます。
スマホやPC上からのオンライン追跡はもちろんですが配達日の指定、近隣のDHLサービスポイントでの 引取や配達先住所の変更、留守中の配達留め置きなども選択できます。

まとめ

アメリカなどではDHLの配送はとても喜ばれます。
早く着くうえに紛失の可能性が低いですからね。
逆に発送する側としては料金が高いとゆうことに注意しないといけません。
関税なども送る際の設定をしっかりしていないと日本郵便とは違い発送する側にも支払い義務が生じるのも注意しなければいけません。

メリット、デメリットを考慮して各自のビジネスモデルで検討していくのが望ましいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA