【BLEACH】志波海燕とは何者なのか紹介、最期はどうなったのかまで解説。ネタバレあり

【BLEACH】志波海燕とは何者なのか紹介、最期はどうなったのかまで解説。ネタバレあり

志波海燕は元護廷十三隊十三番隊の副隊長でありました。

過去形ですが、原作では過去の回想などで描かれていて、すでに亡くなっている人物です。
今回は志波海燕について経歴は亡くなる経緯などを書いていきたいと思います。

プロフィール

所属

元護廷十三隊十三番隊副隊長

上司の隊長は浮竹十四郎です。原作でも最期まで出演していたメインキャラの一人ですね。

護廷十三隊には浮竹からのスカウトで入隊、その後6年で副隊長まで上りつめているのでかなりの実力者だったと思われます。流魂街とゆう貧民の出自ながら1回で入試に合格し、真央霊術院を2年で卒業とゆう才能に秀でた人物です。

斬魄刀

魄刀の名前は「捩花(ねじばな)

始解の解号は「水天逆巻け 捩花」です。

三叉槍の形に変化し水を操る事ができます。攻撃は三叉槍による斬撃に加えて、水が斬撃波のように打てます。

志波海燕は卍解は出来ないのではないかと予想されています。
彼を霊体ごと融合した『メタスタシア』は、十刃の1人である『アーロニーロ・アルルエリ』によって取り込まれたため、彼の能力や記憶、卍解、霊圧などの全てはアーロニーロによって再現されています、しかしルキアとの戦いの時に追い込まれても、使用していないところみると卍解を使えなかったのではないかと思います。

メタスタシアの記事についてはこちらから↓

親族は?

志波海燕は元々は名門貴族だった「志波家」の長男です。原作中では既に没落しており、流魂街に住んでいました。兄弟は尸魂界編で登場した志波空鶴と志波岩鷲は妹と弟にあたります。

妻は都という美しく強い女性で、同じ十三番隊に所属していた死神です。

朽木ルキアは志波海燕だけでなく都にも憧れを抱き慕っていました。

親戚に志波一心(主人公一護のお父さん)がおり、ルキアが一護と出会ったさいに志波海燕を思い出す描写なども初期からあります。

志波海燕の最期は?

妻の都を虚メタスタシアによって殺され、志波海燕が戦うことになるのですが、メタスタシアの赤い触覚に触って始解をすると斬魄刀は消滅とゆう作用があるため素手で戦うことになります。才能あふれる志波海燕でも斬魄刀がなければ戦うこともできず。自身もメタスタシアに肉体を支配されます。

一緒に行動していた浮竹が応戦することになるのですが、志波海燕の体からメタスタシアをどう引き剥がすか考えていました。しかしメタスタシアはすでに志波海燕の霊体と融合しているため引き剥がすことは不可能だと言います。浮竹十四郎はそれを聞くとメタスタシアを斬ります。

逃げたところにルキアがいます、ルキアが構えた斬魄刀にメタスタシアは自分から飛び込んでいきます。メタスタシアに操られた状態の志波海燕は最後に意識を取り戻したのです。そしてメタスタシアの霊体と融合したまま死亡してしまいました。

その後破面篇にてメタスタシアを取り込んだアーロニーロ・アルルエリとして志波海燕が出てきます。本人ではないのですが彼の体は、その経験や記憶ごと破面アーロニーロ・アルルエリによって喰われ、その後姿形を志波海燕のままの状態でルキアは戦うことになる。

実はメタスタシアの事件は愛染が絡んでいます。黒幕は愛染だったとゆうことで破面編につながってゆく訳です。

志波海燕と志波都が関係するストーリーは16巻と30巻になります。
しかしBLEACHは色々なところで伏線を張っているので有名なので最初から読むのをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA