英語学習にドラえもんが適してる?子供にお勧めできる教材の漫画

英語学習にドラえもんが適してる?子供にお勧めできる教材の漫画

英語学習するのに最近いいとよく耳にするのは多読と言われています。そんな自分も多読で勉強を初めて簡単な英語くらいなら見聞きできるようにはなりました。

まずは絵本から入るのがいいのですが、次のステップにお勧めするのが日本の漫画です。

慣れ親しんだ漫画での勉強はとても効率がいいですし、子供と一緒に勉強するのにうってつけです!

今回紹介するのはドラえもんです。

藤子不二雄先生の代表作で、今でもテレビ、映画にと多方面でみることがある日本を代表する漫画ですね。

なぜ英語学習としてお勧めできるのか?

藤子先生の漫画、特にドラえもんは喜怒哀楽がハッキリしています。怒っているときにはドラえもんや伸びたの表情もですがフキダシなどでも今の感情表現が読み取りやすく感じています。

自分はドラゴンボールが一番とゆうくらい好きなのですが、まず最初に好きな漫画として分かりやすいだろうと思い英語学習の教材として使ったのがドラゴンボールでした。しかしバトル漫画と英語学習は合わないw特にドラゴンボールは日常会話ならまだしも少し突飛な会話もでてくるので学習には向いていないのかなと感じました。

ドラえもんは現代の日常が舞台です。そして1話完結とゆうのも適していて、日常会話からくりだされる話しが起承転結としてうまくまとまっています。ひみつ道具の部分などは、まるっきり知らないと分からない部分もありましたが、ドラえもんが優しく説明してくれているんです。

あとは日本語訳が付いているのもお勧めです。会話のフキダシは英語ですがコマの外に日本語が載っているので安心して読み進めていけます。辞書を探したりする手間が省けます、これって集中して読んだほうが効率を考えたら学習する上で結構大事ですよね。

まとめ

アマゾンなどで簡単に手にはいることもできるので手にしやすい英語教材なのではないでしょうか?

5940円(2021年5月現在)で6巻セットでしたら十分元が取れる値段だと思いますので一度読んでみるのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA