【無職転生】剣技が3流派別れているけど、どんな特徴があるのかまとめてみた

【無職転生】剣技が3流派別れているけど、どんな特徴があるのかまとめてみた

今期の無職転生のアニメにて、転移後に初めて父親パウロと再開します。
その際にルーデウスとの戦闘で披露した剣技が話題になりました。

今回の記事は無職転生ワールドに伝わる三代流派の剣技を紹介したいと思います。

剣神流

中央大陸のラノア王国から1ヶ月ほどに剣神流の本拠地がある。

2021年のアニメの時点での剣神流当主はガル・ファリオン、七大列強六位とゆう人族では最強の人物。七大列強については別記事にて参照してください。

剣のタイプとしては一撃を主にした攻撃力に特化した技で、奥義『光の太刀』の剣先は光の速さにまで達し、すべての闘気を注ぎこみ放つ技。
光の太刀とゆう技があるからこそ三代流派の中でも最強だといわれる所以になっています。
アニメ一期にも登場していたギレーヌも門下生です。

水神流

水神流の本拠地はアスラ王国、そこに宗家の道場があります。

現当主はレイダ・リィアとゆう名前で、この名前は代々水神がなったものが継承していき、男性ならレイダル、女性ならレイダ・リィアとなります。


防御に適した剣技で、強力なのが防御からのカウンター技です。剣などの武器だけではなく魔術なども跳ね返すこともできるとのこと。

北神流

変速的な技の使い手が多い。
アレックス・カールマン・ライバックが北神として務めている。使い手が魔族の流れがあるからか人族以外にも使い手は種族が多数に分かれて存在する。
忍術のような技を使う者がいたり、剣ではなく斧をつかう者がいたり、果ては人質を取ってまで勝ちにこだわる者もいたりするためか傭兵や冒険者に好まれて使われる傾向にある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA