【無職転生】七大列強とは何?無職転生ワールドの世界ランキングだった!

【無職転生】七大列強とは何?無職転生ワールドの世界ランキングだった!

無職転生での重要なワードの一つに七大列強とゆうのがあります。
第二次人魔大戦が終わった時代に技神によってきめられた最も強いとされる七人とゆう、無職転生での世界ランキングみたいなものです。
今回は物語の最初の段階でのランキングを紹介いたします。
ネタバレも含みます。

七位 アレックス・C・ライバック

二代目北神あり、魔神を倒した三英雄の1人カールマン・ライバックと不死魔王アトーフェラトーフェ・ライバックの息子。
名前だけはちょこちょことでてくるが登場は終盤になります。

王龍王カジャクトを倒し、大ベヒーモスを仲間と一緒に倒したりと数々の伝説を打ち立てて七位にまでのし上がったお人。
王龍剣カジャクト』の重力操作で、空中を自由自在に飛び回り翻弄し、その速度と重力による攻撃で相手を倒すとゆうのが定石のようです。

終盤で登場した時には息子のアレックス・C・ライバックに七位の座は譲っています。

六位 ガル・ファリオン

剣神流の剣士であり当主。
人族として唯一列強の順位に名を連ねている。
剣神流の奥義『光の太刀』の使い手。

五位 ランドルフ・マリーアン

王竜王国黒竜騎士団所属の騎士で、北神二世と死神騎士シャイナの孫。
あだ名は『死神』

不死魔族、人族、長耳族等の混血であり、魔眼の空絶眼を持っている。
五位とゆう順位ではあるが、ほぼ一線を知り沿いているため列強の中では一番弱いと評されている。

列強になったいきさつは、魔大陸で当時の七大列強五位『死神ラクサス』を倒し七大列強入りしたがきっかけ。

四位 魔神ラプラス

列強にはラプラスの名が2つあり、こちらは龍族の力を無くしたラプラスの片割れと言われている。

記憶を失い、そして人族を憎悪していた感情があったためラプラス戦役を起こした人物。
よくルーデウスの魔力がラプラスと同じ総量だと評されるが、ラプラスは強靭な肉体と、魔術知識も膨大なため、作者いわく3位内には入る強さとのこと。

三位 闘神鎧

『とうしんがい』と読み、龍神ラプラスが1万年をかけて作ったと言われている鎧。

魔力により黄金に輝いていて、帝級の魔術を無効化し、装着者に対して疲れと痛みを感じさせず、常に最高の状態での戦闘が可能になる。
しかしその魔力ゆえに自我を持っていて意識を乗っ取り、死ぬまで戦わせるとゆう呪われたアイテム。
不死魔族が装着することにより力を発揮できる鎧で、終盤にある人物が装着し、暴れまわる。
今はリングス海の中心にあるダンジョンに沈んでいる。

二位 オルステッド

初代龍神の一人息子。

ヒトガミを倒すため初代龍神に過去から現代に転生されてきた。
現存する技と魔術を使用可能な上に、剣神流の奥義『光の太刀』を手刀で放つことができる。

一位のラプラスよりも強いと言われており、ほぼ世界最強である。

強さの秘密はヒトガミを倒せないと200年前に戻り、それを延々とループしているため。

一位 技神ラプラス

四位のラプラスの片割れ。
こちらのラプラスは魔力を失っている。

技術を誰かに伝えるとゆう目的のため行動しており、その強さを磨くために七大列強とゆうシステムを作り出した。

技量だけではトップクラスだが、前述の通り二位のオルステッドのほうが強いと言われている。
現在もどこかで活動しているらしいが原作の段階では現れることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA